低身長が心配な方のおすすめサプリ@伸ばすカギは成長ホルモンにあり!

低身長 サプリ

子供の低身長症の基準や目安について

 

自分の子供を見て他の子と比較すると背が低いと思い心配になる保護者の方は多いと思いますが、もしかしたら低身長症である可能性がありますので、低身長症にはどういった基準があるのかについて把握しておきましょう。出来るだけ早めの治療が推奨されていますので、しっかりと基準値や目安について理解しておくことが重要になります。

 

そんな低身長の目安についてですが、医学的定義として2通りあり、まず1つが平均身長と比較して-2SD(StandardDeviation)以下というものであり、基本的に身長の標準値は+2SD〜-2SDで表されることが多く95.5%の子供はここの身長に入りますので、-2SD以下となると低身長と認められます。
また、SD値については性別や月齢別で分けられているので、自分の子供の身長と比較してみるといいでしょう。

 

そしてもう1つがSD値は-2SD以下にはなっていないが1年間の伸びが悪いというのも指標となります。もし子供の成長率平均値である-1.5SD以下が2年以上続けば低身長症と認められることがあります。ですので、ただ-2SD以下じゃないからといって安心するのではなく、しっかりと、成長率についても把握しておくことが重要になります。

 

とにかく低身長が心配であるという場合には出来るだけ早めに病院を受診して、原因になっている病気が隠れていないかを検査してもらうようにしてください。検査の結果、成長ホルモンの分泌不全により、身長の伸びに影響が出ているとわかればホルモンを投与する血お良によって低身長の改善を期待することができるでしょう。

 

成長ホルモンと甲状腺機能低下症の関わり

 

甲状腺機能低下症についてまず説明しますが、甲状腺というのは、喉の前部分の下、両側にある内分泌臓器のことであり、これが脳下垂体から指令を受け、身体の発育に必要となる甲状腺ホルモン、カルシウムの代謝に必要なカルシトニンを分泌するということになります。

 

そして甲状腺機能低下症というのはこの機能が悪く甲状腺ホルモンの分泌が不足してしまう病気であり先天的なものと後天的なものがあります。成長ホルモンの分泌が不足してしまうと身長が伸びないという症状が出てきてしまいますが、甲状腺ホルモン不足というのは背が伸びないだけではなく全市音の代謝機能を維持するホルモンになりますので、あらゆる症状が出てきます。

 

倦怠感、記憶力低下、体温低下、脱毛といったような症状もあり、子供は動きが鈍い、覚えが悪いと済ませられることもありますが甲状腺ホルモンの分泌不足が原因になっていることもあります。ちなみに先天性のクレチン症でしたら知能に障害が出てしまう恐れもあります。

 

成長ホルモンと恒常性ホルモンについて簡単に説明しましたが、これらに共通するものといえば、脳下垂体になります。成長ホルモンが分泌されないのは脳下垂体に障害が挙げられ、甲状腺ホルモンが分泌される甲状腺に指令を出すのも脳下垂体になります。つまり脳下垂体が成長促進においてもっとも重要であるということがわかるでしょう。とにかくどちらにしても低身長の疑いがあるのでしたらすぐにでも病院を受診しましょう。

 

低身長を理解して未来を明るくする

 

子供のことになると保護者というのはあらゆることが気になってしまい、他の子供と比べてしまうということがありますが、その中の一つが子供の低身長を挙げる方がいらっしゃいます。特に自分がかつて低身長であった場合、遺伝などのことも考えてしまい心配になることがあります。両親の身長から子供の成人の際の身長を予測することが出来る計算式があるということを知っていますでしょうか。両親の身長を計算式に当てはめるだけで算出できます。

 

その計算式が女の子の場合は(父親の身長+母親の身長−13)÷2であり、男の子の場合は(父の身長+母の身長+13)÷2となっています。例を挙げると父親が175cmで母親が145cmであった場合、女の子だと(175+145−13)÷2=153.5cm、男の子だと(175+145+13)÷2=166.5cmということになります。もちろんこれは目安予測となりますので、その年齢になって全く違う身長になることがあります。そもそも兄弟がいる場合、みんな同じ身長になることはないので、この身長になるんだと真正面から真に受けないようにしましょう。

 

そして低身長症についても理解していてもらいたいのですが、これは成長ホルモンや甲状腺ホルモン分泌が十分ではなく、標準的な身体の成長が妨げられている疾患のことであり、またSGA性低身長症といった生まれた段階で標準よりも小さくそのまま成人身長になってしまう場合、軟骨異栄養症といって骨や軟骨の成長異常によるもの、ターナー症候群といって染色体異常によるもんほが低身長症の原因になります。とにかく低身長であると思ったら早めに病院を受診するようにしましょう。

 

身長を高めたいならアルギニンと成長ホルモンを意識する

 

身長をなんとかして伸ばしたい、遺伝だからと諦めたくないと思っている方もいると思います。成長期であればなおさらですが、また保護者としても自分の低身長であれば子供には出来る限り効果的に身長が伸びる対策をしたいと願っている方も多いと思います。ですが、その前にまず身長が伸びる仕組みについて理解しておきましょう。

 

まず、身長が伸びるというのは具体的には足の骨や背骨など体の骨が伸びるということを刺しており、そしてこの骨の伸びを促しているのが成長ホルモンといわれるホルモンの一種になります。成長ホルモンは脳の脳下垂体という部分から分泌されているものであり、この成長ホルモンが更に肝臓に作用して肝臓から骨を伸ばすホルモンであるソマトメジンCというものが分泌され、この肝臓から分泌荒れるソマトメジンCが骨同士を繋ぐ軟骨部分である骨端線を指摘して軟骨の増殖活動が活発になります。

 

ちなみにこの骨端軟骨が集合している箇所は線状に見えるので骨端線と呼ばれていることも把握しておきましょう。では、身長を伸ばすのがソマトメジンCであるということは理解できたと思いますが、この分泌を促す成長ホルモンの分泌を促進するにはどうすればいいのかというと、注目したいのがアルギニンという成分になります。これはアミノ酸の一種であり、これによって成長ホルモンの分泌量を増加させる働きがあります。ですので食事やサプリメントを利用してアルギニンをしっかりと摂取することをオススメします。

 

低身長症の進化する治療について

 

子供の定期健診によって低身長の可能性を告げられることがあり、そのように告げられた親というのは、身長のグラフをつけ始めるようになることが多いです。1歳未満から着け始めたとしても、これはわかりやすく、曲線にそって伸びていき、あるところから標準曲線から外れていくことがあります。

 

これは年単位で続けていけばわかりやすいのですが、一年間問題がなくても安心できるものではありませんし、また曲線から外れだしたと思ったら早めに治療を始めることができます。

 

軽症であれば小学校3〜4年生から成長ホルモン治療を始めたとしても追いつくことがありますが、そうでないのであれば、もっと早くから治療をする必要があります。今では注射による成長ホルモンの投与となっており、経口による成長ホルモン投薬治療とまでは進化していませんが少しずつ進化はしています。

 

また、薬に関してはヒト成長ホルモンという液を注射するのですが、今では注射も毎回病院に行く必要はなく、自宅で注射を行うことができるようになっています。皮下注射なので、毎回違う部分に順番に打っていくということになります。

 

二の腕、太もも、臀部など別々の場所に打たないと同じ部分に毎回うってしまえばしこりになってしまう恐れもありますので注意しましょう。また、大きくなれば自分で打つことが出来るとは思いますが、成長するまでは親御さんがうってあげるようにしおましょう。また、打つタイミングとしては就寝前がいいといわれています。